PRと実用性の両立

ノベルティグッズでの文房具は消費者だけでなく企業にも好評です。ボールペンのボディの部分に企業名を入れるところがほとんどですが、名入れしやすいというのが好評の理由です。保管するスペースにも困らず、ボールペンは実用性が高いので捨てられる可能性が非常に低いのも特徴です。消費者がボールペンを使う際、ノックしようとするときに企業名が必ず目に入ります。実用性と企業のPRどちらも上手く両立できているノベルティグッズといえるでしょう。

その他には文房具では定規や下敷き、メモ、消しゴムなど様々なノベルティグッズに向いている商品があります。書く機会が多い人にはペンや消しゴム、スケジュール管理やデスクワークがメインの方はメモ、付箋が向いています。設計をやることがある人には定規も非常に実用性の高いものといえます。文房具のノベルティグッズはターゲットを選びすぎないのも特徴の一つです。職業に関わらず文房具は使う機会が圧倒的に多いので非常に利便性が高く汎用性の高いノベルティグッズといえるでしょう。

企業、商品をPRするためのノベルティグッズですが、消費者にもらってよかったと思ってもらえる物が企業の好感度にもつながる要因があります。その点では文房具は安定して優秀なノベルティグッズといえるでしょう。

消費者に喜ばれるもの

ノベルティグッズ選びには担当者さんはすごく悩むことになるでしょう。企業の商品のイメージ等様々な条件をクリアしなくてはならないからです。ただアピールするだけなら広告やCMだけで良いのですが、直接手に取って企業を身近に感じるものがノベルティグッズなので重要な役割があるのです。

ノベルティグッズ選びでやはり消費者に喜ばれるものは日用品等の実用性に優れたものです。消費者がノベルティグッズ事態に価値を見出してくれたら大概受け取ってくれます。受け取ってくれれば企業の名前も自然と見ることになるので良いPRの機会となりえます。定番なのはポケットティッシュ、入浴剤、文房具です。ポケットティッシュは使う用途が非常に多いので定番化しています。

定番化しすぎていて企業のPRというよりもティッシュを使う目当てで受け取る人が多いです。そうなると消費者はティッシュという認識が高まり、企業名は認識されづらくなっています。文房具は付箋やボールペンが多いですが、ボールペンは特に文字を書く機会に必ず出すので見る機会が非常に高いです。付箋も同様です。ティッシュ等と違い自分以外の人間が見る機会も増えるのが大きなメリットというところでしょう。

販促に有効なグッズ

企業の知名度や商品をアピールするために用いられるのがノベルティ品です。ノベルティ品を受け取った消費者が感じることにより企業を意識する機会になります。基本的にノベルティ品は街頭で配られるものでポケットに収まるものが多いです。企業のイメージも含めてノベルティ品を決める必要がありますが、それ以前に街頭で配るものなので受け取ってもらわなければいけません。配ることにより受け取ってもらえる確率の高いものであり、尚且つ企業のイメージに沿っているものでないといけません。

ノベルティを配布する際にはターゲットもある程度絞らないといけません。若い女性なのかシニア世代なのか、運動をしている男性なのか…等幅広いものからコアなターゲットが企業にはあります。ターゲット以外の人にも興味を持ってもらうためにノベルティを配布します。ターゲットに興味を強くもたれてターゲット以外にも一部に興味を持てるようなノベルティを選びましょう。

ノベルティ制作を請け負っている「ノベルティ ガレージ」のホームページにも記載がありましたが、企業の気持ちを伝えることが出来るノベルティであることが大事です。受け取った人の記憶に残り、かつ実用的で魅力的な企業オリジナルのノベルティにするようにしましょう。

本当の気持ちを伝えるノベルティとして、受け取られた方の記憶に残る、他にはない魅力的なオリジナル ノベルティをご提案します。まずは、お気軽にご相談ください。

実用性の高いものが非常に好まれます。実用性がないものを配布しても、もらってくれたとしても基本的にゴミ箱行きになってしまいます。キャラクター物も主張が強いものだと避けられる要因の一つになってしまいます。大きくかさばるものもよくないのでなるべく邪魔にならない程度のサイズを選びましょう。ノベルティグッズは企業のPRには必須のものなので、良い選択をすれば効率よく知名度をアピールすることができます。当サイトでは販促向きのノベルティグッズを説明します。